ペニス増大方法あれこれ

ペニス増大の方法はサプリメントとトレーニングだけではありません。
と言うことで、色んなペニス増大法をまとめてみました。

 

【目次】

 

1.ペニス増大サプリメント
2.ペニス増大トレーニング
3.ペニス増大器具
4.ペニス増大ジェル
5.ペニス増大手術

 

1.ペニス増大サプリメント

当サイトでも紹介しておりますシトルリンXLのような健康食品です。
健康食品ですので薬ではありません。

 

副作用がまったく無いといは言えないので特にアレルギー体質の方は注意が必要だと思いますが
健康食品ですので体に悪い成分は含んでいません。

 

私の場合、シトルリンXLを飲みだしてから疲れにくい体になりました。

 

ペニスを大きくする事を目的に飲み始めたサプリメントですが、最近は健康食品として飲んでる部分もあります。

 

代表的なサプリメントとしては
シトルリンXL
ゼファリンなどがあります。

 

どちらもL-シトルリンを含んだ健康食品になります。

 

ところで、サプリメントを飲むと、なぜペニスは大きくなるのでしょうか?

 

現在の多くのサプリメントに採用されている「L−シトルリン」を例に見ると

 

シトルリンには以下の効果があります。

 

  • 血管拡張・血流促進による動脈硬化・心筋梗塞の予防
  • 血流改善によるむくみの改善・冷え症の予防効果
  • NO(一酸化窒素)による血管拡張作用による全身の血流改善

 

ご覧のとおりでシトルリンには血管を拡張させ血液促進の効果があります。
ペニス増大サプリメントの多くはこの機能を使用し海綿体の血管を拡張し、多くの血液を送る事で海綿体を膨張させ勃起時のペニスを大きくします。
この大きくなる動作を繰り返す事でペニス自体の大きさを大きくするものなので、ある程度継続しないと飲み終わった後に戻ってしまう事があります。
製品や人によっては飲みのを止めたら、飲む前より縮んだ方もいるので、注意が必要です。

 

【関連記事】
シトルリンXLは危険だ

2.ペニス増大トレーニング

ペニスをトレーニングして大きくする方法です。
トレーニングの主な内容は、PC筋を鍛えて勃起力を付ける事と、ペニスの海綿体を伸ばしたり、血液を多く流すよーなエクササイズをして海綿体を大きくすのが主な内容です。

 

サプリメントではなく、自力で勃起力と血液促進をするようなものです。

 

ペニストレーニングはペニスを大きくするだけでなく、ペニスへ刺激を与える事になるので早漏防止の効果も期待できます。

 

私も、トレーニング中は、なかなか逝かなくて妻に嫌がられた事があります(笑)

 

代表的な商品としては「プロジェクトXXL」があります。

 

【関連記事】
ペニス増大トレーニング法で男を磨け

3.ペニス増大器具

ペニス増大器具にもいくつか商品がありますが、器具を使ってペニスを大きくする方法です。

 

代表的なものとしてはペニス増大ポンプとアンドロペニスがあります。

 

ペニス増大ポンプはペニスに試験管のような物(シリンダー)を被せて吸引する事で、海綿体が膨張し血液が流れ込むようになります。
つかい方によってはペニスが水膨れになったりペニスが黒くなったりするようです。
使用上の注意をよく読んでから使った方が良さそうですね。

 

アンドロペニスはペニスを引っ張るように装着しペニスを引っ張る器具です。
この商品の目的は海綿体を伸ばす事と、首ナガ族のように、引っ張る事でペニスを長くする事です。
海綿体が伸びるので血液も多く流れ込み、結果的にペニスが太くもなります。

 

アンドロペニスはサプリメントと一緒に使用すると、より効果的だと思います。

 

私もシトルリンXLを飲みながらアンドロペニスで引っ張っています。

 

【関連記事】
ペニス増大トレーニング法で男を磨け

4.ペニス増大ジェル

最近あまり見なくなりましたがジェルをペニスに塗ることでペニスが大きくなるという商品です。

 

この商品も塗る事でペニスへの血液促進を補ってくれるようです。

 

ペニスに直接塗るのでサプリメントより速攻せがあると言われています。

 

SEX直前に塗る事でED対策にもなるようです。

 

【関連記事】
ペニス増大トレーニング法で男を磨け

5.ペニス増大手術

手術をしてペニスを大きくする方法です。

 

ペニスを長くしたい。太くしたい。平常時の大きさを大きくしたい。など、目的事の手術の方法があります。
脂肪を注入したり、中にうもっているのを引っ張り出したりするようです。

 

ペニスの大きさに真剣に悩んでいるなら、お医者さんに相談するのが一番かもしれませんね。

 

【関連記事】
誰も教えてくれなかった本当のSEXテクニック